ニフティ、高齢者宅の室内環境と生活リズムをセンサーで見守る介護事業者向けサポートサービス「おへやプラスPRO」

By on 2016-04-22

ニフティは20日、IoTを活用した介護事業者向け見守りサポートサービス「おへやプラスPRO」の提供を開始した。

おへやプラスPROは、高齢者宅に各種センサーなどの機器一式を設置することで、室内環境や生活リズムの変化を離れた事業所から見守り、体調不良の未然防止などに役立てられるサービス。センサーで温度・湿度を検出するほか、室内の明るさで高齢者の生活リズムも把握。異常をメールで通知する機能を備えるほか、対応するエアコンの遠隔操作も可能となっている。

20160420_002

また、高齢者宅にはインターネット環境がない場合も多いため、同社のMVNOサービス「NifMo」を利用したデータ通信サービスを標準で提供する。サービスの利用料金は、初期登録費用が1万円、月額管理費用が1万500円、また機器1台あたりの初期費用が6万円、月額利用料が1800円(いずれも税抜)。

なお、同サービスは2016年1月より埼玉県熊谷市で実証実験を開始。すでに有用性を確認しており、実証実験は8月まで継続するものの、熱中症が増加する夏に備えて、サービスの正式提供を開始したという。