トヨタがマイクロソフトとの合弁会社「Toyota Connected」を設立。Azureを活用し、コネクテッドカーのビッグデータを解析

By on 2016-04-05

toyota

トヨタ自動車は4日、コネクテッドカーから得られるデータを集約・解析する新会社「Toyota Connected」を1月に設立したことを発表した。新会社はトヨタのIT事業会社、トヨタメディアサービスと米Microsoftの合弁会社となり、本社は米国テキサス州プレイノに置く。

Toyota Connectedは、トヨタおよびレクサスのコネクテッドカーから得られたデータを集約するトヨタ・ビッグデータ・センサーを運用するとともに、よりよいクルマづくりのためにビッグデータを解析して活用する。ビッグデータの集約・解析には、Microsoftのクラウドプラットフォーム「Azure」を採用するほか、同社の技術者がデータ解析などのサポートを行う。

今後、Toyota Connectedでは、テレマティクスサービスの提供にビッグデータを活用するほか、運転パターンに合わせた保険料率モデルの構築などにも取り組むという。

■トヨタ自動車、マイクロソフトと共同で車両から得られる情報集約、活用に向けた新会社「Toyota Connected, Inc.」を米国に設立
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/11609602/

■関連記事
【IoT用語】コネクテッドカー(2016-01-04)