UPQ、折りたたみ可能な小型電動バイク「UPQ BIKE」を発表。12万7000円で今夏発売、原付免許で公道を走行可能

By on 2016-04-21

upq_bike_me01_news

UPQは21日、折りたたみが可能な小型で軽量の電動バイク「UPQ BIKE me01」を発表した。今夏発売予定で、価格は12万7000円(税抜、以下同)。

UPQ BIKE me01は、折りたたむことで自動車のトランクなどにも収納できる小型・軽量の電動バイク。日本における車両区分は原動機付自転車で、同免許により公道を走行可能。サイズは約122×61×98.5cm(ミラー除く)、重量は約18kg。満充電での走行距離は約35km。

USBポートを備え、スマートフォンなどに給電できるほか、バッテリーは取り外し可能で、バッテリー単体での販売も行われる。

なお、同社は、4K/15fps、フルHD/60fpsでの動画撮影と10mの本体防水に対応したアクションカメラの新製品「Q-camera WPX2」も発表した。発売は同じく今夏の予定で、価格は1万6500円。

WPX2_01_500x500

■折りたたみ可能な超小型&超軽量モバイルeバイク「UPQ BIKE me01」と4K動画対応の防水アクションスポーツカメラ「Q-camera WPX2」を発表
http://upq.me/jp/news/20160421/