ヤマハの人工知能演奏システム、リヒテルの演奏をコンサートで再現。5月19日の東京藝大演奏会にて

By on 2016-04-18

ヤマハは、5月19日に開催される東京藝術大学の演奏会「音舞の調べ~超越する時間と空間~」に技術協力し、同社が開発中の人工知能演奏システムが演奏を披露することを発表した。

人工知能演奏システムは、故人であり20世紀のピアノの巨匠とされるスヴァトスラフ・リヒテルの演奏を再現。さらに、演奏追従技術を用いて、世界的な演奏家集団、ベルリンフィル・シャルーンアンサンブルと共演し、人工知能と人間による息の合ったアンサンブルを披露するという。

1604150101

演奏会の開催日時は、2016年5月19日(木)19時から(開場:18時)、会場は東京藝術大学奏楽堂(大学構内)。入場料は5000円(全席指定、税込)。

■20世紀のピアノ巨匠 リヒテルの演奏を「人工知能演奏システム」で再現、ベルリンフィル・シャルーンアンサンブルとの共演で披露
http://jp.yamaha.com/news_release/2016/16041501.html