IoTとAIでミツバチの健康管理。養蜂業向けアプリケーション「Bee Sensing」が販売開始

By on 2016-05-01

bs-leaflet2

アドダイスは4月27日、IoTとAI(人工知能)を融合した養蜂業向けアプリケーション「Bee Sensing」の販売を開始した。

センサーでミツバチの巣箱内の温度と湿度を検知し、スマートフォンの専用アプリで確認可能。さらに、検知したデータと、その際の作業内容をクラウドに蓄積し、AIが養蜂のノウハウを学習することで、異常発生時には通知を行う。

ミツバチの健康管理を効率化することで、国内の養蜂業を活性化することをねらう。

■【世界初!養蜂で地方を元気に!養蜂業向けIoT AI販売開始】
http://ad-dice.com/news/20160427jpn.html