心拍数を計測できる「hitoeウェア」を活用した眠気検知システムの実証実験。ドコモ、京都大学、熊本大学ら

By on 2016-05-10

NTTドコモ、NTTデータMSE、京都大学、熊本大学は、着るだけで心拍データを計測できる「hitoeウェア」を活用したドライバー向け眠気検知システムを共同開発し、同システムの実証実験を開始した。

hitoeウェアに搭載されたトランスミッターが、計測した心拍データをスマートフォンの専用アプリへ送信。覚醒時の心拍パターンとの比較により、ドライバーの眠気を検知し、本人と管理者にアラートを通知する。実証実験により、通知タイミングの精度向上など、商用化に向けた最適化を行うという。

10_00

■hitoeを活用したドライバー向け眠気検知システムの実証実験を開始
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/05/10_00.html