あの砂丘が宇宙開発に貢献!? 月面探査チーム「HAKUTO」が鳥取県と連携協定、9月に鳥取砂丘でフィールド走行試験

By on 2016-05-18

LL_img_102375_1

民間月面探査チームの「HAKUTO」は18日、鳥取県と連携協力に関する協定を締結したことを発表した。

HAKUTOは、Googleが主催する月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参加する民間チーム。2017年末までにロボット探査機を月面に着陸させ、調査を行うことを目指しており、探査機「ローバー」の開発・改善を進めている。

今回の協定にもとづき、鳥取県はHAKUTOが9月頃に鳥取砂丘にて実施予定のローバーのフィールド走行試験を支援。一方、HAKUTOは鳥取県の産業人材の育成および未来を担う子どもたちの教育を応援するなど、相互に協力していく。

■HAKUTOと鳥取県が連携協力に関する協定を締結
http://team-hakuto.jp/5175/?lang=ja

■関連記事
月面探査を目指す「HAKUTO」、リクルートテクノロジーズとデータ解析や自動制御などで連携