大和ハウス、不動産物件を検索・提案する対話アプリ搭載「Pepper」を導入

By on 2016-06-15

daiwa

大和ハウスグループの大和リビングマネジメントは、オリジナル対話アプリを搭載した人型ロボット「Pepper」を大和エステート蒲田店に導入し、入居希望者向けの接客トライアルを開始した。

対話アプリはリクルート住まいカンパニーが独自開発。同アプリを搭載したPepperは、来店者が希望する賃料や面積、立地などの要望をヒヤリングし、最適な物件を検索・提案する。また、物件周辺のグルメなどのスポット情報の読み上げも行う。

■オリジナル対話アプリを搭載した「Pepper」を活用し、新たな接客トライアルをスタート
http://www.daiwahouse.com/about/release/group/20160615110847.html