DNP、電源不要のソーラー電池式ビーコンを発売。羽田空港第1ターミナルに先行導入

By on 2016-06-23

dnpbeacon

大日本印刷(DNP)は、人工照明下で動作する「DNPソーラー電池式Bluetoothビーコン」を発売した。参考価格は1台1万5000円(税抜)。

ソーラー電池を搭載し、屋内の人工照明の光でも安定して動作するのが特徴。iBeaconとEddystoneの2つのビーコン規格に対応し、スマートフォンアプリから動作設定を変更できる。

同製品は、JALが提供する「保安検査場待ち時間ご案内サービス」アプリ向けに、羽田空港第1ターミナルに先行導入されている。DNPでは、流通・小売、外食、アミューズメント、空港、鉄道、高速道路など、屋内施設をもつ企業に向けて同製品を販売し、ビーコンを活用した位置情報サービスを提供していく。

■IoTを活用した位置情報サービスを開始 第一弾として電源不要のIoT端末「DNPソーラー電池式Bluetoothビーコン」を発売
http://www.dnp.co.jp/news/10124504_2482.html