M-SOLUTIONS、「Pepper」に話しかけて意図通り動作させる音声認識機能を開発。ホテル向けに

By on 2016-06-30

2016063002

ソフトバンク・テクノロジー子会社のM-SOLUTIONSは、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルが所有する人型ロボット「Pepper」に対して、音声認識機能を個別開発した。

音声認識機能は、設定したキーワードを話しかけることでPepperを動作させることができる機能。これまで、Pepperは誰かに話しかけられた際、必ずしも所有者の意図した動きや回答をするとは限らず、接客用途において希望通りの回答をしてほしいというニーズが増えていたという。

M-SOLUTIONSでは、同社が開発したPepperの動作設定アプリ「Smart at robo for Pepper」を用いて音声認識機能を個別開発。インターコンチネンタル ホテルは2016年6月より同機能の利用を開始した。なお、同機能は、7月よりSmart at robo for Pepperの標準機能として搭載される予定。

2016063001

■Pepper に話しかけて動作させる「音声認識 機能」をホテル向けに開発
http://m-sol.co.jp/news/2016/06/yokohama_pepper/