オムロン、運転手の状態をリアルタイムに判定するAI搭載センサーを開発

By on 2016-06-07

オムロンは、画像センシング技術に最先端のAI技術を組み合わせ、運転手が安全運転に適した状態かを判定する車載センサーを開発した。

オムロン独自の高精度画像センシング技術に、最先端のAI技術である時系列ディープラーニングを取り入れることで、カメラで撮影した映像から運転手の状態をレベル分けして判定。同技術により、自動運転と手動運転の安全な切り替えや、車の自動停止などを行い、安全運転を支援する。

同社では、同技術を搭載した車載センサーが、2019年から2020年に発売される自動運転車に採用されることを目指す。

c0606_a

■運転手の状態をリアルタイムに判定 世界初「最先端AIを搭載した車載センサー」を開発
http://www.omron.co.jp/press/2016/06/c0606.html