ユカイ工学とATR、自然な会話ができる家庭用ロボットを共同開発へ

By on 2016-06-21

1

ユカイ工学と国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は、自然な会話を実現する家庭用ロボットを共同開発することに合意したと発表した。

会話のニュアンスや感情を伝える“パラ言語”の処理をはじめとするATRの音環境知能技術を、ユカイ工学のコミュニケーションロボット「BOCCO」に応用することで、家族間のコミュニケーションをより充実させるとする。さらに、コミュニケーションロボット向けの基盤技術をモジュール製品として他社に提供することも目指す。

なお、開発にあたりユカイ工学は、産業革新機構やKDDIなどが出資する「けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合」から1億円の出資を受ける。

■ユカイ工学とATRが「自然な会話を実現する家庭内ロボット」を共同開発・けいはんなATRファンドがユカイ工学に出資
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000015618.html