アガスタがGMSと提携。IoTを活用した与信不要の中古車販売をアフリカ市場で展開へ

By on 2016-07-27

agasta

カーチスHDグループのアガスタと、モビリティIoTベンチャーのグローバルモビリティサービス(GMS)は、アガスタがアフリカ市場で販売する輸出中古車向けのオートファイナンスのスキーム構築のために協業することを発表した。

GMSは、自動車を遠隔制御できるIoTデバイス「MCCS」およびクラウドシステムを開発しており、フィリピンなどの新興国において、与信審査を省略して低所得者層に車両を提供するために利用されている。

アガスタは、同システムを活用するとともに、アフリカ現地ファイナンス企業とも協業し、独自のオートファイナンスを付与して、輸出中古車の販売を拡大させる方針。

■グローバルモビリティサービス株式会社との協業について(PDF)
http://www.agasta.co.jp/articles/254.pdf

■関連記事
住信SBI、モビリティIoTベンチャーのGMSと業務提携。IoTを活用したオートローンの開発を検討