ウインクで撮影できる眼鏡装着型ウェアラブルカメラ「BLINCAM」がMakuakeで先行予約開始。わずか1時間で目標金額を達成

By on 2016-07-14

d17737-2-536421-7

Blincamは、クラウドファンディングサイト“Makuake”にて、眼鏡装着型ウェアラブルカメラ「BLINCAM」の先行予約販売を開始した。

BLINCAMは、眼鏡に装着し、片目または両目のウインクで写真撮影ができるウェアラブルカメラ。撮影した写真はBluetooth経由でスマートフォンへ転送できる。カメラは500万画素CMOS、連続待機時間は8時間、本体重量は25g。

予定小売価格は1万9800円。クラウドファンディングでは、早期予約割引として定価の10〜20%OFFのコースを用意していたが、開始1時間で目標金額の100万円を達成するなど人気を博しており、執筆時現在、10%OFFの1万8000円(税込)から購入可能。発送は12月の予定。

■メガネにつけてウインクで撮影。世界最速のウェアラブルカメラ「BLINCAM」
https://www.makuake.com/project/blincaminc/