DeNAとヤマト運輸、自動運転を活用した「ロボネコヤマト」プロジェクトを始動。2017年3月から実用実験開始

By on 2016-07-21

roboneko

ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は、自動運転を活用した次世代物流サービスの開発を目指し、実用実験を開始すると発表した。実用実験のプロジェクト名は「ロボネコヤマト」、実験期間は2017年3月から1年間を予定している。

実用実験は、市販車をベースとした自動運転ではない専用車両を用いて、国家戦略特区のいずれかの地域で実施。客が望む時に望む場所で荷物を受け取れる「オンデマンド配送サービス」、インターネット上で複数店舗の商品を購入して配送する「買物代行サービス」の2種類を提供する。実験期間内で一部、自動運転を導入することも予定している。

DeNAのIT技術を活用した自動運転関連のサービス設計ノウハウと、ヤマト運輸の物流ネットワークを組み合わせることで、より利便性が高い物流サービスを目指すとともに、今後、他事業者の参画も視野に入れたオープンなプロジェクトとして進める方針。

■DeNAとヤマト運輸が自動運転を活用した次世代物流サービスの開発に向けた
「ロボネコヤマト」プロジェクトを始動
http://www.yamato-hd.co.jp/news/h28/h28_45_01news.html