ボクシーズとビッグローブ、IoT見守りサービスの実証実験を開始。IoT電球と小型Android端末を連携

By on 2016-08-26

biglobe

ボクシーズは、IoT電球の見守りサービス「つながるライト」と、ビッグローブが法人向けに販売している小型Android端末「BL-01」を連携させた実証実験を開始する。

つながるライトは、トイレや風呂の電球をIoT電球に置き換えることで、点灯状況から異常を検知し、家族に通知できる見守りサービス。実証実験では、IoT電球の点灯データを一括で管理し、クラウド上に送信するIoTデバイスとしてBL-01を採用。9月上旬から独居高齢者宅を対象として実施する。

■BIGLOBEが提供するIoTデバイスと、ボクシーズのIoT電球を連携させた
見守りサービスの実証実験を開始
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2016/08/160825-a

■関連記事
ビッグローブ、ウェアラブルデバイスも開発可能なIoT開発キット「BL-01」を提供開始。福島県会津若松市の実証実験に採用