ドコモと仙台市、ICTを活用したまちづくりに関する連携協定。被災状況確認などにドローンの活用を検討

By on 2016-08-30

29_00

NTTドコモは宮城県仙台市と、ICTを活用したまちづくりに関する連携協定を締結したことを発表した。

両者は、「防災・減災に向けた取り組み」、「地域活性化に向けた取り組み」、「近未来技術の実証に向けた取り組み」の3分野で取り組みを推進。

具体的には、災害時に携帯電話回線が使えない場合の通信手段として、スマートフォンのBLE(Bluetooth Low Energy)を活用した近距離の端末同士での情報伝達を可能とする新たなサービスの有効性を検証するほか、被災状況の確認や生活インフラの点検に、ドローンを活用した映像ソリューションを導入することなどを検討する。

■仙台市とICTを活用したまちづくりに関する連携協定を締結
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/08/29_00.html