エスト、1カ月500円のIoT見守りサービス「お部屋の見張り番」を8月22日より提供開始

By on 2016-08-09

d8837-5-151889-3

エストは、離れて暮らす家族の見守りに最適なIoTサービス「お部屋の見張り番 CS-500」を8月22日より提供開始する。

お部屋の見張り番 CS-500は、IoTデバイスの各種センサーが収集した情報をWi-Fiを介してクラウドへ送信し、スマートフォンなどから閲覧できるようにする見守りサービス。活動センサーと温湿度センサー、照度センサーを搭載しており、生活リズムを把握できるほか、室温が設定温度を超えた際にメールで通知し、スマートフォンから遠隔操作でエアコンをオンにすることも可能。また、家族へ直接通知できる連絡ボタンも備える。

利用料は機器レンタル料込みで年額6000円(1年契約)。初期費用として、別途6000円かかる。

■離れて暮らす家族の見守り、高齢者向け住宅の管理ツール等に最適 『お部屋の見張り番』CS-500 サービス開始
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000008837.html