OFF Line、高齢者向け「みまもりビーコン」サービスを正式提供。最大1億円の個人賠償責任保険が付帯

By on 2016-08-09

OFF Lineは、徘徊する高齢者の外出や位置情報を通知する「みまもりビーコン」サービスの正式提供を開始した。年内5000人、2年目で8万人の利用を見込む。

施設や自宅に固定検知端末を設置し、高齢者にビーコン内蔵の“御守り”を持たせることで、外出を検知。さらに、同社製アプリをインストールしたスマートフォンにとのすれ違いにより、高齢者の位置情報を取得して、家族などへ通知し、徘徊や行方不明を防ぐ。

また、同サービスには個人賠償責任保険が付帯。徘徊時に高齢者が他人をケガさせたり、器物を破損し、損害賠償責任を負った場合に、最大1億円の保険金が支払われる。

基本料金は、介護保険利用時で月額480円。また、有償オプションの「安心パック」に加入すると、当該地域で飛行許可が下りた場合に、ドローンによる高齢者の捜索サービスを受けられる。

d10570-11-125595-1

■OFF Line社、高齢者の在宅帰宅検知・位置情報を見つける「みまもりビーコン」正式サービス提供を開始
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000010570.html

■関連記事
ドローンとビーコンによる上空からの見守りサービス、OFF Lineが実証実験に成功