IoTコネクティングサービス「monoコネクト」、BLEビーコンのラインナップ拡充。温湿度・加速度・赤外線センサーが追加

By on 2016-08-17

img_iot11

レンジャーシステムズは、IoTコネクティングサービス「monoコネクト」のBLEビーコンセンサーとして、新たに温湿度センサー、加速度センサー、赤外線センサーの販売を開始した。

2016年4月より提供開始したmonoコネクトでは、磁力を検知するマグネットセンサーおよび重さを検知するマットセンサーという2種類のBLE(Bluetooth Low Energy)ビーコンセンサーとゲートウェイ端末を販売。今回、BLEビーコンセンサーのラインナップを拡充し、温度・湿度を計測する温湿度センサー、モノの動きを3軸で検知する加速度センサー、人の動きを検知する赤外線センサーの3種類を追加した。

同サービスでは、複数の各種センサーのデータを1台の専用小型ゲートウェイ端末を経由し、ユーザーのサーバーへ送信できるため、導入およびランニングのコストを抑えて、IoTサービスを構築できるとする。

■IoTコネクティングサービス「monoコネクト」
http://www.ranger-systems.co.jp/iot/

■関連記事
マットセンサーを利用したリアルタイム行列検索サービス、レンジャーシステムズが9月に提供開始