ソニー、学習リモコン「HUIS」を拡張する専用クレードルを8月30日発売。リモコン画面を自由にカスタマイズできる専用ソフトも提供

By on 2016-08-19

huis

ソニーは、電子ペーパーを搭載した学習リモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER」の専用クレードルとして、「HUIS BLUETOOTH CRADLE」を8月30日に発売する。

2016年2月に正式販売されたHUIS REMOTE CONTROLLERは、電子ペーパーを搭載し、自由なインターフェイスで複数の家電製品を操作できる学習リモコン。今回発売されるHUIS BLUETOOTH CRADLEを利用することで、赤外線に対応した機器だけでなく、Bluetooth通信のHIDプロファイルに対応したセットトップボックスやゲーム機器などの操作も可能になる。

また、クレードルにHUIS REMOTE CONTROLLERを置くだけで充電ができるほか、クレードル背面のボタンを押すことでHUIS REMOTE CONTROLLERから音を鳴らし、簡単に探し出すことができる。

なお、HUIS REMOTE CONTROLLERの画面のフルカスタマイズが可能な無料のパソコンソフト「HUIS UI CREATO」も8月30日までに提供開始予定だとしている。

img_005

■HUISプロジェクト第2弾・リモコンの可能性を広げる「HUIS BLUETOOTH CRADLE」発売
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201608/16-0818/