ドコモと新潟市など、ドローンを活用した水稲モニタリングとマツ枯れ対策の実証プロジェクトで連携協定

By on 2016-09-21

dcmngt

NTTドコモは、国家戦略特区である新潟市におけるドローンを活用した実証プロジェクトに関する連携協定を、新潟市、ベジタリア、自律制御システム研究所(ACSL)、エアロセンスと締結した。

実証プロジェクトは、「水稲プロジェクト」「海岸保安林プロジェクト」の2つから成る。水稲プロジェクトでは、ドローンを活用して、水稲の病害虫の発生状況を監視するとともに、収穫時期を予測し、米の品質向上・収穫量増加に取り組む。海岸保安林プロジェクトでは、海岸保安林のマツ枯れ対策や維持管理の手法開発を目的として、ドローンを活用する。

ドコモは、両プロジェクトにディープラーニングを用いた高精度な画像分析技術を提供。ドローンからの空撮画像データと、地上でセンサーを用いて収集したデータを組み合わせ、ビッグデータとして分析することで、より精度の高い情報を抽出し、実証に役立てるとしている。

■新潟市におけるドローン実証プロジェクトに関する連携協定を締結
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/09/21_00.html

■関連記事
ドコモ、水田センサー「PaddyWatch」のベジタリアと資本業務提携。農業IoT事業を拡大へ