介護施設のエアコンをIoTで遠隔制御する実証実験が9月下旬開始。利用者の住環境改善とスタッフの負荷軽減を検証

By on 2016-09-09

img_110839_1

MTエネルギー&ソリューションズは、社会福祉法人 元気村グループと共同で、IoT技術を活用した介護施設のエアコン遠隔制御の実証実験を9月下旬より開始する。期間は約3カ月間。

実証実験では、元気村グループの介護施設内の5室および在宅介護の2室において、既設のエアコンに専用モジュールを設置。クラウド上にある総合管理システムに接続し、エアコンをスマートフォンなどから遠隔管理することで、利用者の住環境改善やスタッフの負荷軽減が実現するを検証する。また、電気料金の削減についても検証を行う。

■元気村グループと共同で、IoT技術による介護施設の 住、労働環境改善の実証実験、9月下旬をメドに開始
https://www.atpress.ne.jp/news/110839