大塚製薬とNEC、毎日の服薬を支援するIoT錠剤容器の共同開発に合意

By on 2016-09-08

nec

大塚製薬と日本電気(NEC)は、脳梗塞再発抑制薬である抗血小板剤の毎日の服薬を支援する、脳梗塞患者向けのIoT錠剤容器の共同開発について合意した。

共同開発する容器は、服薬時間帯になるとLEDが点滅して通知するほか、錠剤の取り出しを検知し、服薬した日時をスマートフォンへ送信。開発予定のスマートフォン向け服薬履歴確認アプリを用いることで、患者自身や家族が服薬状況を把握したり、薬剤師が残薬管理・服薬指導に活用できる。

■大塚製薬とNEC 脳梗塞再発抑制薬の毎日の服薬をアシストする服薬支援容器の共同開発に合意
http://jpn.nec.com/press/201609/20160907_02.html