目標金額達成なるか? カメラ付きスマート給餌器「Pixoo」がクラウドファンディングで支援募集中

By on 2016-09-15

d20450-2-359912-0

ピクスーは、クラウドファンディングサイト“Motion Gallery”にて、ペット向けのカメラ付きスマート給餌器「Pixoo」の支援を募集している。期間は9月21日まで。

Pixooは、スマートフォンの専用アプリからスケジュールを設定して、犬や猫などに自動でフードをあげることができるスマート給餌器。また、カメラおよびスピーカーを搭載し、外出先からいつでもペットの様子を確認したり、話しかけることが可能。タンクには約3.6kgのドライフードを貯蔵でき、アプリ内で残量を確認することもできる。

目標金額500万円のところ、本稿執筆時点の支援金額は238万9500円とやや苦しい状況。目標を達成した場合、12月の出荷を予定している。

なお、似た製品としては、台湾Tomofunが“+Style”で販売している「Furbo」がある。こちらはカメラによる見守りがメインであり、遊びとしておやつが飛び出す機能を利用できる。

■猫・犬用/安心してごはんをお任せ!カメラ・スピーカー付きスマート給餌器Pixoo/ピクスー
https://motion-gallery.net/projects/pixoo_io

■関連記事
遠隔操作でおやつも飛び出す!犬用ネットワークカメラ「Furbo」が日本上陸