VRの体感を増幅させる触覚デバイス「SubPac M2」「SubPac S2」が10月13日発売。先行予約がスタート

By on 2016-09-15

subpac_prod_m2

TheHandは、米SubPacが開発した触覚オーディオ技術搭載デバイス「SubPac M2」「SubPac S2」を10月13日に国内発売する。発売に先立ち、先行予約を受け付けている。

身体に装着することで、音の振動を触覚として感じることが可能。音楽や映像、ゲームの体感を増幅させ、VR(仮想現実)では、さらなる没入感を得られるとする。

バックパックのように背負うタイプのSubPac M2が4万8000円(税込、以下同)、椅子やソファーにセットして使うタイプのSubPac S2が4万2000円。

なお、同製品は本日9月15日(一般向けは17日)より開催の「東京ゲームショウ2016」にて、試遊展示される。

subpac_slide_05-2

■SubPac | 映像やゲームの体感を増幅させる VR デバイス
http://thehand.co.jp/subpac/