個室トイレの空き状況を確認できる「IoTトイレ」を伊藤忠テクノが開発

By on 2016-10-18

p20161017a02

伊藤忠テクノソリューションズは、個室トイレの空き状況をリアルタイムに確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」を開発したことを発表した。

発電パネルと無線が内蔵されたセンサーを使用し、個室のドアの開閉状態を判断。IoTゲートウェイを介してデータがクラウドに送られ、PCやスマートフォンから個室の空き状況を確認できる。

電源の確保や配線工事、サーバーの設置などが不要なのが特徴で、小規模なオフィスでも簡単に導入できるとする。

p20161017a01

■トイレの空き状況を確認できる「IoTトイレ」を開発
http://www.ctc-g.co.jp/news/press/20161017a.html