ドコモが「ドローン・プロジェクト」を本格始動。福岡市の離島で、ドローンを活用した買い物代行サービスの実証実験

By on 2016-10-20

docomodrone

NTTドコモは、携帯電話ネットワークを利用する“セルラードローン”の実証実験を行うための免許を、神奈川県、千葉県、福岡県の一部地域にて取得したことを発表した。ドローンを活用したさまざまな検証を行う「ドコモ・ドローンプロジェクト」を本格的に開始する。

同プロジェクトでは、防災や減災、農業、物流などの分野におけるドローンを活用したソリューションの提供を検討するとともに、上空のドローン周辺の通信品質や地上の携帯電話ネットワークへの影響を検証。また、ドローンの安全な目視外運航を実現するための運行支援を検討する。

取り組みのひとつとして、MIKAWAYA21およびエンルートと共同で、11月より福岡市の離島、能古島において、セルラードローンを活用した買い物代行サービスの実証実験を実施する。

同島に在住するシニア、子育て世代が電話注文した商品をセルラードローンで配達するもので、同島と九州本島の約2.5kmを飛行。期間は12月までで、その後、実験結果を評価し、2018年度を目標に商用化に向けた検討を行うとしている。

■「ドコモ・ドローンプロジェクト」を本格開始
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/10/19_06.html
■日本初 、セルラードローンを活用した買い物代行サービスの実証実験を開始
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/10/19_05.html

■関連記事
ドコモと新潟市など、ドローンを活用した水稲モニタリングとマツ枯れ対策の実証プロジェクトで連携協定