人工知能搭載ロボット「Kibiro」が青山ブックセンターに登場。来店客の好みを解析して本をおすすめ。11月10日まで

By on 2016-10-28

kibiro

FRONTEOコミュニケーションズは、青山ブックセンター本店およびブクログと共同で、人工知能搭載ロボット「Kibiro」を活用したイベントを開催する。期間は10月28日〜11月10日。

Kibiroは、同社の親会社であるFRONTEOが開発した人工知能「KIBIT」を搭載するロボット。イベントでは、青山ブックセンター本店の特設コーナーに、KibiroをAIブックコンシェルジュとして設置。来店客がベストセラー30冊の中から好みの本や興味がある本を選ぶと、Kibiroが書籍レビューサイト「ブクログ」のレビューデータをもとに、同店がセレクトした書籍100冊の中から好みに合ったものを選び出して、おすすめしてくれる。

人工知能がレビューの文脈や意味を解析してレコメンドするため、キーワード検索や購買履歴にもとづくレコメンドとは一味違い、思いがけない本との出会いを提供できるとしている。

■FRONTEOの人工知能搭載ロボット「Kibiro(キビロ)」、青山ブックセンター本店でブックコンシェルジュとして、お客様に好みの本をおすすめ
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000150.000006776.html

■関連記事
人工知能「KIBIT」開発元のUBICが社名変更、「FRONTEO」に。7月1日付け