翻訳デバイス「ili」、2017年春からレンタル開始。開発元のログバーは、グローバルWiFiのビジョンと資本業務提携

By on 2016-10-13

ili

ログバーは、ウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」のレンタルサービスを2017年春に開始することを発表した。海外モバイルルーターのレンタルサービス「グローバルWiFi」などを手がけるビジョンと資本業務提携し、海外渡航者および訪日外国人向けにレンタルを行う。

iliは、ネット接続を必要とすることなく、話した言葉をすばやく外国語に翻訳できるデバイス。1月に米ラスベガスで開催された「CES 2016」にて発表され、話題となった。

資本業務提携では、ログバーの第三者割当増資をビジョンが引き受ける。また、グローバルWiFiなどのビジョンの顧客にiliをレンタルするとともに、ビジョンが日本におけるレンタルサービスパートナーとして、受付や在庫管理を行う。さらに、両社で新しいサービスやビジネスの開発にも取り組むとしている。

■ili(イリー)- ウェアラブル翻訳デバイス
http://iamili.com/ja/