三井のリパーク、空き駐車場のシェアリングサービスを11月開始。エスキュービズムのIoTシステムを採用

By on 2016-10-18

mitui

“三井のリパーク”を展開する三井不動産リアルティは、IoTを活用した空き駐車場の予約シェアリングサービス「toppi!(トッピ!)」を、11月1日より提供開始する。

toppi!は、住宅や店舗などで空いている駐車スペースの貸し出しを仲介するサービス。利用者はホームページやアプリから駐車場を予約し、クレジットカード決済で1日単位で借りることが可能。また、駐車スペースのオーナーは、費用をかけずに遊休地を駐車場として登録することができる。

同社では、既存のコインパーキングや月極駐車場の一部もtoppi!に転用し、予約可能な駐車場として貸し出す方針。

なお、同サービスには、エスキュービズムが提供する駐車場用予約・決済システム「eCoPA」を採用。同システムは、IoTを活用することで、フラップ板や精算機の設置を不要とし、大規模な投資を行うことなく駐車場運営ができることを特徴とする。

18日に都内で開催された記者発表会では、三井不動産リアルティ 常務執行役員 リパーク事業本部長の片岡 純市氏が登壇。昨年開始したカーシェアリングサービスとあわせて、「(同社が)シェアビジネスをメインへと舵を取る」と述べ、将来的には会員1000万人を目指すとした。

■三井不動産リアルティ
https://www.mf-realty.jp/