NTTコム、自然な日本語の会話ができるAI「COTOHA」を提供開始。コンタクトセンターにおける電話取り次ぎなどを自動化

By on 2016-10-24

cotoha_diagram1

NTTコミュニケーションズは、人間らしい自然な日本語での対話ができる人工知能(AI)「Communication Engine COTOHA」(以下、COTOHA)を10月31日より提供開始する。

NTTグループの40年以上にわたる研究にもとづく膨大な日本語データベースや日本語処理技術を活用。自然な日本語を高い精度で理解するとともに、自発的に相手との対話を積み重ねて、必要な情報を聞き出すことができる。コンタクトセンターにおけるオペレーターへの電話の取り次ぎや、企業内のヘルプデスク業務のほか、将来的には電話やSNSを介した販売活動に利用できるという。

なお、同社では、COTOHAの販売および業務コンサルティングに関して、アクセンチュア、クニエ、PwCコンサルティングの3社と協業する。利用料金は月額300万円(税抜)~。

■Communication Engine COTOHA
http://www.ntt.com/business/services/application/ai/cotoha.html