2016-10

ビジネス

NTTコム、自然な日本語の会話ができるAI「COTOHA」を提供開始。コンタクトセンターにおける電話取り次ぎなどを自動化

NTTコミュニケーションズは、人間らしい自然な日本語での対話ができる人工知能(AI)「Communication Engine COTOHA」(以下、COTOHA)を10月31日より提供開始する。 NTTグループの40年以上にわたる研...
デバイス

ファーウェイの第2世代ウェアラブルリストバンド「TalkBand B2」が大幅値下げ。ブラック/ホワイトモデルが税抜7990円に

ファーウェイ・ジャパンは、第2世代のウェアラブルリストバンド「TalkBand B2」を、本日10月21日より値下げすることを発表した。 TalkBand B2のゴールドモデルが1万9980円から約1万円値下げで9990円(税抜)、ブ...
デバイス

チノン、約30gの超小型ウェアラブルカメラ「CHINON PC-1」を発売。税抜1万8500円

チノンは、スマートフォンと連携可能な超小型ウェアラブルカメラ「CHINON PC-1」 を発売した。価格は1万8500円(税抜)。 CHINON PC-1は、手のひらに収まるコンパクトサイズで、約30gと軽量なウェアラブルカメラ。フル...
ネットワーク

IoT向けSIMサービス「KDDI IoTコネクト Air」が12月に提供開始。KDDIとソラコムが共同開発

KDDIは、ソラコムと共同開発したIoT向けのSIMサービス「KDDI IoTコネクト Air」を12月以降に提供開始する。 ソラコムがNTTドコモ回線を利用して提供している「SORACOM Air」のKDDI版といえるサービスで、K...
ネットワーク

ドコモが「ドローン・プロジェクト」を本格始動。福岡市の離島で、ドローンを活用した買い物代行サービスの実証実験

NTTドコモは、携帯電話ネットワークを利用する“セルラードローン”の実証実験を行うための免許を、神奈川県、千葉県、福岡県の一部地域にて取得したことを発表した。ドローンを活用したさまざまな検証を行う「ドコモ・ドローンプロジェクト」を本格的に開...
デバイス

ビジョン 佐野社長、来春レンタル開始のウェアラブル翻訳デバイス「ili」に言及。S-cubism IoTカンファレンスにて

海外モバイルルーターレンタルの“グローバルWiFi”などを展開するビジョンの佐野健一 代表取締役社長は、18日に開催された「S-cubism IoTカンファレンス」にて、同社が2017年春よりレンタルを開始するウェアラブル翻訳デバイス「il...
イベント

「S-cubism IoTカンファレンス」が開催。IoT NEWS 小泉代表、ビジョン 佐野社長が講演

エスキュービズムは18日、東京・六本木の東京ミッドタウンホールにて「S-cubism IoTカンファレンス」を開催した。 同カンファレンスは、IoT活用・導入を目指す製造業や小売・流通業の経営者、各部門担当者などを対象としたイベント。...
ビジネス

三井のリパーク、空き駐車場のシェアリングサービスを11月開始。エスキュービズムのIoTシステムを採用

“三井のリパーク”を展開する三井不動産リアルティは、IoTを活用した空き駐車場の予約シェアリングサービス「toppi!(トッピ!)」を、11月1日より提供開始する。 toppi!は、住宅や店舗などで空いている駐車スペースの貸し出しを仲...
イベント

Gear VRを体験できる「Galaxy Studio」が東京で再び開催。渓流下りなどの新たなVRコンテンツも登場

サムスンは、Gear VRなどの同社製品を体験できる「Galaxy Studio」を東京・丸の内の商業施設 KITTEにて、10月20日〜11月13日に開催する。東京での開催は2度目となる。 VRヘッドセットのGear VRと、映像に...
ビジネス

個室トイレの空き状況を確認できる「IoTトイレ」を伊藤忠テクノが開発

伊藤忠テクノソリューションズは、個室トイレの空き状況をリアルタイムに確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」を開発したことを発表した。 発電パネルと無線が内蔵されたセンサーを使用し、個室のドアの開閉状態を判断。IoTゲートウェイを介...