「S-cubism IoTカンファレンス」が開催。IoT NEWS 小泉代表、ビジョン 佐野社長が講演

By on 2016-10-18

ep1080555

エスキュービズムは18日、東京・六本木の東京ミッドタウンホールにて「S-cubism IoTカンファレンス」を開催した。

同カンファレンスは、IoT活用・導入を目指す製造業や小売・流通業の経営者、各部門担当者などを対象としたイベント。メディア、経営者、一般生活者、IoTプロジェクト担当者、IoT導入企業といった5つの視点からIoTの可能性について議論が行われた。

IoT NEWS 小泉代表が講演「IoTは目的ではなく、手段」

基調講演では、IoT関連ニュースサイト“IoT NEWS”代表の小泉耕二氏が登壇し、「IoT情勢について」と題して、メディアの視点からIoTについて語った。

小泉氏はまず、ウェアラブル活動量計のFitbitなどを例に挙げ、「これがIoTだと思うか」と聴講者に質問。その上で「(企業が)IoTをやるかどうかを議論する以前に、皆の中で何がIoTで、何がIoTでないのかという、そもそもの定義が異なっている場合がある」と指摘した。

だが、小泉氏は「いろんな考え方があるだろうが、それを突き詰めても意味がない」とし、「IoT(モノのインターネット)におけるモノとは、すべてのモノである」と結論づけた。

また、小泉氏は、ファナックがIoTを活用した生産プラットフォーム「フィールドシステム」の開発にあたり、240社との協業を発表したことを例に、「IoTでは仲間づくりが大事。どこまでを自前でやり、どこを他社に任せるのかが重要になる」と述べた。

そして、「IoTをやろう、と考えていては成功できない。IoTは目的ではなく、手段。自社の課題を解決するために、IoTをツールとして活用してほしい」とまとめた。

グローバルWiFiのビジョン 佐野社長が語る「IoT導入のインパクト」

ep1080569

海外モバイルルーターレンタルの“グローバルWiFi”などを展開するビジョンの代表取締役社長 佐野健一氏は、「IoT導入によるインパクト」と題した特別講演を行い、同社のIoT導入事例について語った。

同社は2012年より、グローバルWiFiの提供を開始したが、年々利用者が増えたことで、ルーターの受け渡しを行う空港内のカウンターが混雑する状況が発生していた。そこで、「初回利用者とリピーターで列を分けたり、カウンターの間口を広げる改装を行ったものの、早朝や夜間など時間帯によっては混雑を解消できなかった」(佐野氏)という。

ep1080577

この課題を解決すべく、同社では2016年2月にエスキュービズムのIoTソリューション「スマート宅配BOX」を導入。インターネットに接続したロッカーにルーターを保管し、予約時にスマートフォンに送られてくるQRコードをかざすことで、ロッカーを解錠できる仕組みで、スタッフの手を介さず、利用者がすばやくルーターを受け取ることが可能になった。

また、同社では11月より、新たなIoTデバイスとして、6カ国語に対応した無人申込機を空港内に設置予定だとする。

ep1080581

佐野氏は「IoTの導入により、スタッフの配置などのコスト削減だけでなく、利用者の満足度を上げることも実現できた。今後も、海外、日本での快適なインターネット環境を提供するために、積極的にIoTに取り組んでいきたい」と講演をしめくくった。

■S-cubism IoTカンファレンス
https://usable-iot.com/iotconference/

■関連記事
S-cubism IoTカンファレンスが10月18日開催。ホリエモンらがIoTの可能性について議論