シャープ、IoTベンチャーを対象とする「モノづくり研修」を11月開催。10日間の合宿形式、参加費85万円

By on 2016-10-13

sharpiot

シャープは、IoTベンチャー企業を対象とする合宿形式のモノづくり研修「SHARP IoT. make Bootcamp supported by さくらインターネット」を11月より開催する。第1回の開催期間は11月21日〜12月1日。年4回の開催を目標としている。

研修では、約70時間の多彩なプログラムを用意する。同社がメーカーとして培ってきた量産設計や品質、信頼性確保などモノづくりの技術やノウハウを、社内の現役技術者らが講師となって伝授。また、支援企業であるさくらインターネットがIoTに必須のソフト/サーバー技術、プラットフォームを解説するほか、投資ファンドのABBALabが資金調達について説明する。

参加費は1社2名で85万円(税別)。特設サイトにて、問い合わせと申し込みを受け付けている。

■IoTベンチャー企業向け「モノづくり研修」を11月よりスタート
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/161012-b.html