ドローン空撮もVRへ。DroneAgentがVRコンテンツ制作を提供開始

By on 2016-11-01

drone-vr

ドローン空撮マーケットプレイス「DroneAgent」を運営するFLIHGTSは、ドローンで空撮したVRコンテンツの制作を提供開始することを発表した。

カメラ10台をドローンの上下に搭載して撮影することで、機体の映り込みが一切ない360°の空撮コンテンツを制作することが可能。視聴者は、自分が飛んでいるかのような没入型の映像を体験できる。

同社では今回、旅行サイト“じゃらん.net”が制作した360°コンテンツ「熱海海上花火大会」の打ち上げおよび空撮シーンの撮影・編集に協力。先行公開版の動画がYouTubeにアップロードされている。

■DroneAgent、ドローンVR空撮コンテンツ制作を開始
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000018381.html