スマホでトマトを遠隔栽培。IoT農業アプリ「こっそり農遠トマト」が配信開始

By on 2016-11-16

agri

ファインシードは、スマートフォン上で本物の農園の区画オーナーになれるIoT農業アプリ「こっそり農遠トマト」の配信を開始した。「こっそり農遠」シリーズの第3弾となる。

岡山県岡山市のミニトマト生産農家、みつファームと提携。利用者は月額1980円(税抜)で農園の区画オーナーになることができ、ライブ映像でいつでも自分の農園状況を確認できる。また、毎月2ケース(48粒)のミニトマトを収穫し、産地直送で受け取ったり、ギフトとして贈ることが可能。

現在、区画オーナーを募集しており、提供期間は2017年6月下旬まで(予定)。

(※初出時、提供期間に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。)

■こっそり農遠トマト | こっそり農遠 – スマホでIoT農業
http://kossori.farm/a/lp/tomato/

■関連記事
遠隔から作物を栽培できる「こっそり農遠」、イチゴ農園のオーナー募集開始