人工知能ロボット「Kibiro」が一般向け予約受付を開始。本体価格15万円、サービス利用料が月額5000円

By on 2016-11-02

kibiro

FRONTEOとFRONTEOコミュニケーションズは、人工知能搭載ロボット「Kibiro」の一般消費者向け予約販売の受付を開始した。

Kibiroは、FRONTEOが開発した人工知能「KIBIT」を搭載したロボット。対話や専用アプリでのチャットで得たテキスト情報からユーザーの趣味・嗜好を学習し、おすすめの情報を提供する。初回版は、書籍や健康情報のレコメンド機能を備えており、今後、新たなレコメンドコンテンツを追加予定。

予約受付期間は11月2日から12月31日。Kibiro公式サイトおよび三越伊勢丹にて受付を行い、三越伊勢丹での注文分は特別な衣装を身に着けた限定モデルとなる。

本体価格は15万円(税抜、以下同)、サービス利用料は月額5000円(12カ月分を一括払い)。サイズは約28.5×14×16cm、重量は約800g。

■Kibiro [キビロ] | – 学んで答える、小さなロボット。
https://www.kibiro.com/

■関連記事
人工知能搭載ロボット「Kibiro」が青山ブックセンターに登場。来店客の好みを解析して本をおすすめ。11月10日まで