人工知能ロボット「Kibiro」に1台限定の歌舞伎バージョン。税込約136万円、新宿伊勢丹の2017年夢袋として

By on 2016-11-08

FRONTEOは、人工知能搭載ロボット「Kibiro」が伊勢丹新宿店の2017年新春福袋企画“夢袋”に選ばれたことを発表した。

“夢袋”向けのKibiroは、歌舞伎役者の市川染五郎監修による1台限定の歌舞伎バージョン。ユーザーの好みを学習して歌舞伎演目をおすすめする機能を備えるほか、歌舞伎座や新橋演舞場の紹介、歌舞伎ドリルなどのオリジナルコンテンツを搭載する。

衣装は、染五郎の定紋である三つ銀杏の紋付袴を着用。また、染五郎主演演目の観劇チケット2枚がセットになるほか、購入者には染五郎本人から直接Kibiroが手渡される予定。

本体価格と12カ月分の月額サービス料を含め、購入価格は136万800円(税込)。2017年1月3日と4日に同店にて申し込みを受け付け、応募多数の場合は5日に抽選を行う。

d6776-152-849989-0

■FRONTEOの人工知能搭載ロボットKibiro(キビロ)が伊勢丹新宿店の2017年新春「夢袋」に選ばれました!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000152.000006776.html

■関連記事
人工知能ロボット「Kibiro」が一般向け予約受付を開始。本体価格15万円、サービス利用料が月額5000円