NTTグループのAI技術「corevo」、ロボットとサイネージを組み合わせた観光案内ソリューションの実証実験

By on 2016-11-30

img_117268_1

NTT西日本とNTT、関西経済連合会の3者は、NTTグループのAI関連技術「corevo」を活用し、ロボットとデジタルサイネージを組み合わせた観光案内ソリューションの実証実験を開始した。

実証実験では、外国人観光客が多く利用する大阪シティエアターミナル(OCAT)に、cerevoを実装したヴイストン製のロボット「Sota」およびデジタルサイネージを設置。Sotaは観光客と対話しながら、デジタルサイネージで観光名所の案内や無料Wi-Fiサービス「KANSAI Free Wi-Fi (Official)」の紹介を行う。

期間は11月30日〜12月22日。平日の10時〜18時に実施される。場所はOCATの1階総合案内所前。

実証実験の結果をもとに、観光案内ソリューションの商用化に向けた検討を行うとしている。

■NTTグループのAI技術「corevo」を活用したロボットとデジタルサイネージを組み合わせた観光案内ソリューションの実証実験の開始について
https://www.ntt-west.co.jp/news/1611/161129a.html