話した日本語を翻訳して拡散できる「メガホンヤク」、パナソニックが12月に提供開始。英語、中国語、韓国語に翻訳可能

By on 2016-11-17

honyaku

パナソニックは、メガホン型の翻訳機を活用する音声翻訳サービス「メガホンヤク」を12月20日より、公共機関および法人向けに提供開始する。

メガホン型翻訳機には、約300の定型文と、数字などを変更できる約1800パターンの文章をあらかじめ登録。日本語を音声入力することで、文章の照合・翻訳が行われ、結果を日本語、英語、中国語、韓国語の音声で再生することができる。空港や駅、イベント会場などで、誘導や非常時のアナウンスを効率的に行えるとする。

定型文の追加やソフトウェアアップデートをクラウド経由で行えるサービスとして提供され、翻訳機単体では販売しない。利用料金はオープンプライスで、36カ月契約となる。

■メガホン型多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」の提供を開始
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/11/jn161117-1/jn161117-1.html