セゾン自動車火災、IoT車載デバイス「つながるボタン」をACCESSと共同開発。緊急時にボタンを押してサービス呼び出し

By on 2016-11-28

saison

セゾン自動車火災とACCESSは、自動車保険の契約者向けのIoT車載デバイス「つながるボタン」を共同開発した。セゾン自動車火災の主力商品「おとなの自動車保険」にて、2017年7月より提供開始する新サービスとあわせて希望者に配布を行う。

つながるボタンは、ACCESSのビーコン端末「ボタンビーコン」をベースに、加速度センサーを追加した車載デバイス。走行中の急ブレーキや急ハンドルなどを感知し、専用スマートフォンアプリにBluetoothでデータを送信する。データはアプリで解析され、運転スコアや危険挙動、走行マップなどのドライブレポートとしてフィードバックされる。

また、同デバイスが大きな衝撃を感知した際や、ボタンを押したときには、セゾン自動車火災のサポートセンサーと連絡をとることが可能。さらに、同保険の「ALSOK事故現場安心サポート」サービスにより、事故現場などにALSOK隊員を急行させることができる。

■セゾン自動車火災のIoTを活用した新サービスの「つながるボタン」を共同開発、提供
https://jp.access-company.com/news_event/archives/2016/161128/

■関連記事
作品に近づくと解説動画を自動再生、メガネ型ウェアラブルとビーコンで美術館向けのデモ