ソフトバンク、IoTベンチャーの米国進出を支援。次世代小売の米b8taと連携

By on 2016-11-30

b8ta

ソフトバンクは、米b8taと連携して、IoT製品を開発する日本企業の米国進出を支援する取り組みを開始した。

b8taは、店舗の在庫状況などをリアルタイムに把握できる仕組みをメーカーに提供し、革新的な製品の展示・販売を行っている企業。今回の取り組みでソフトバンクは、米国でIoT製品を販売したい日本企業をb8taに紹介。さらに、米国での販売に必要な認証取得や、英語のホームページ作成などを円滑に進めるためのパートナーの紹介を行う。

また、日本でIoT製品を販売したい米国企業をb8taから紹介してもらい、ソフトバンクショップでの展示・販売を行う予定だとしている。

同社では、問い合わせフォームを開設し、米国または日本への進出を希望するIoT企業からの問い合わせを受付けている。

■IoT製品を開発する日本企業の米国進出をサポートする取り組みを開始
http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2016/20161129_02/