スマートウォッチ「Galaxy Gear S3 frontier / classic」が12月22日発売。Tizenベースで円形ディスプレイ搭載

By on 2016-12-15

サムスンは、スマートウォッチ新製品「Galaxy Gear S3 frontier 」「Galaxy Gear S3 classic」を12月22日に発売する。価格はいずれも4万円台半ば。

円形1.3インチのSuper AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載し、OSにはTizenベースのウェアラブルOSを採用。Android 4.4以上、メモリ1.5GB以上のスマートフォンとBluetooth接続でき、Galaxyスマートフォン以外とも連携を行える。

esm-frontier_003_l_30_1122

また、本体にスピーカーを搭載しており、スマートフォンを取り出さずに、スマートウォッチ単体で電話応対が可能。Gear S3 frontierはスポーツやアウトドアに向いたデザイン、Gear S3 classicはビジネスシーンでも使いやすいデザインとなっている。

eclassic_003

バッテリー容量は380mAhで、通常モードで3〜4日間、省電力モードで4〜5日間の利用が可能。

そのほか、防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)に対応するほか、MIL準拠の高耐久性も装備。GPSとNFCを搭載し、Wi-Fi(b/g/n)およびBluetooth 4.2に対応する。

■Galaxy Gear S3 | by Galaxy
http://www.samsung.com/jp/product/gear-s3/