羽田空港の案内ロボットにPepperを活用する実証実験。アスラテックの遠隔操作システムを使用。2017年1月から

By on 2016-12-14

ソフトバンクロボティクスは、同じくソフトバンクグループであるM-SOLUTIONS、アスラテックの協力のもと、羽田空港の案内ロボットとしてPepperを活用する実証実験を実施する。期間は2017年1月中旬から。

実証実験では、ソフトバンクロボティクス製の人型コミュニケーションロボットであるPepperを羽田空港に設置。M-SOLUTIONSが提供するPepper向け動作設定アプリ「Smart at robo for Pepper」を利用して、空港の施設情報やフライト情報を旅行者に日本語・英語・中国語の多言語で案内する。

また、アスラテックが提供するロボット遠隔操作システム「VRcon for Pepper」を利用することで、オペーレーターがPepperを遠隔操作して案内を行うことができ、臨機応変な対応が可能になるとする。

なお同実証実験は、羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングが開設したHaneda Robotics Labが推進する「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」の採択事業として行われる。

プロジェクトでは、清掃ロボット・移動支援ロボット・案内ロボットという3ジャンルのロボット製品の実験導入を実施。案内ロボットでは、Pepperのほかにも、日立製作所の「EMIEW3」、シャープの「ロボホン」などが採択されている。

■空港の案内ロボットとしてPepperを活用する実証実験を実施
http://www.softbank.jp/corp/group/sbr/news/press/2016/20161214_01/

■関連記事
Pepperに続くのはどれ? 2016年に発売された3大コミュニケーションロボット