人工知能ロボット「Kibiro」、東京・有楽町のスターフライヤー アンテナショップに登場。北九州の観光情報を紹介

By on 2016-12-01

kibirokyushu

FRONTEOコミュニケーションズとスターフライヤーは、東京・有楽町にある北九州市東京事務所内のスターフライヤー アンテナショップに、人工知能搭載ロボット「Kibiro」を設置する。期間は12月2日〜28日。

Kibiroは、FRONTEOが開発した人工知能「KIBIT」を搭載したロボット。今回、Kibiroはスターフライヤーのブランドカラーである黒の蝶ネクタイとベストを着用。北九州エリアの方言を織り交ぜつつ、可愛らしいしぐさと声で、スターフライヤーの魅力や北九州市の観光情報を紹介する。

さらに、12月15日からは来場者がタブレットで選んだ好みの本をもとに、北九州市の出身作家の著作や、同市が映画の舞台となった原作本など、来場者の好みに合った本のレコメンドを行う。

■FRONTEOの人工知能搭載ロボット「Kibiro(キビロ)」、「スターフライヤー アンテナショップ」のコンシェルジュに!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000155.000006776.html

■関連記事
2016年11月8日 人工知能ロボット「Kibiro」が一般向け予約受付を開始。本体価格15万円、サービス利用料が月額5000円