ロボット初の光回線サービス「Tapia光」が2017年提供開始。ロボット本体の分割購入が可能に

By on 2016-12-06

コミュニケーションロボット「Tapia」を開発するMJIは、NTT東西の光コラボレーションモデルを採用した光回線サービス「Tapia光」を2017年(予定)より提供することを発表した。

ロボットのTapiaとTapia光をセットで利用することで、ロボット本体の価格(税抜9万8000円)の分割払いが可能になるほか、毎月の回線利用料をお得にする各種割引プランを用意するとしている。

対象エリアは全国(一部地域を除く)。料金プランなどの詳細は、2017年1月開設予定の特設サイトにて発表するとしている。

■ロボット初! NTT光コラボレーション導入新サービス『タピア光』提供のお知らせ
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000018785.html

■関連記事
Pepperに続くのはどれ? 2016年に発売された3大コミュニケーションロボット