ライフ

ライフ

生体情報を分析し、睡眠の質を向上させるアイマスク型デバイス「Neuroon」が発売。税込3万4999円

ソフトバンクが運営する消費者参加型プラットフォーム“+Style”にて、生体データを計測・分析し、睡眠の質を向上させるアイマスク型デバイス「Neuroon」の販売が開始した。価格は3万4999円(税込)。 睡眠時の脳波、心拍、体温、体...
ライフ

ブイログ、家電コントローラー内蔵環境センサー「bPoint COMFORT」を発売。ネットワークカメラと連携して、外出先からも家電を操作可能

ブイログは、家電コントローラー内蔵環境センサー「bPoint COMFORT」の販売を開始した。 bPoint COMFORTは、BLE(Bluetooth Low Energy)でスマートフォンと連携する環境センサー。専用アプリから...
ライフ

ロボット電話「ロボホン」に新規アプリ&アップデート。タクシー配車、レシピ検索、腹筋運動(!?)が可能に

シャープは、ロボット電話「ロボホン」向けの新規アプリのダウンロード配信、およびアプリケーションのアップデート配信を8月31日15時より開始する。 新規アプリは、日本交通のタクシー配車アプリと、レシピサイト“ボブとアンジー”のレシピ検索...
ライフ

ライダーと共に成長するAI搭載バイクをKAWASAKIが開発へ。ソフトバンクGの感情エンジン・自然言語対話システムを採用

川崎重工は、人工知能(AI)技術を活用し、ライダーと共に成長する人格を持つ次世代モーターサイクルの開発に着手した。 開発中の次世代モーターサイクルは、ソフトバンクグループのcocoro SBが開発した「感情エンジン・自然言語対話システ...
ライフ

ボクシーズとビッグローブ、IoT見守りサービスの実証実験を開始。IoT電球と小型Android端末を連携

ボクシーズは、IoT電球の見守りサービス「つながるライト」と、ビッグローブが法人向けに販売している小型Android端末「BL-01」を連携させた実証実験を開始する。 つながるライトは、トイレや風呂の電球をIoT電球に置き換えることで...
ライフ

窓の開け閉めを検知するIoTデバイス「leafee mag」、Makuakeでクラウドファンディング開始

Stroboは、窓の開け閉めを検知できるIoTデバイス「leafee mag」の先行予約を、クラウドファンディングサイト“Makuake”にて開始した。 leafee magは、窓に貼り付けることで、Bluetooth接続するスマート...
ライフ

レイトロン、雑音に強い音声認識コミュニケーションロボット「チャピット」を発売。税込14万5800円

レイトロンは、コミュニケーションロボット「チャピット」の本格販売を開始した。価格は14万5800円(税込)。 チャピットは、生活雑音環境下でも離れた場所から音声を聞き取ることができる独自開発の音声認識機能が特徴。音声認識の際にスイッチ...
ライフ

Qrio Smart Lockの遠隔操作を可能にする「Qrio Hub」が今冬発売。一時的な鍵の開け閉めに便利

Qrioは、スマートロック製品「Qrio Smart Lock」の遠隔操作を可能にするデバイス「Qrio Hub」を今冬に発売する。価格はオープンで、実売想定価格は7800円(税抜)。 玄関近くのコンセントに挿しておくことで、Wi-...
ライフ

ソニー、学習リモコン「HUIS」を拡張する専用クレードルを8月30日発売。リモコン画面を自由にカスタマイズできる専用ソフトも提供

ソニーは、電子ペーパーを搭載した学習リモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER」の専用クレードルとして、「HUIS BLUETOOTH CRADLE」を8月30日に発売する。 2016年2月に正式販売されたHUIS REM...
ライフ

子ども見守りサービス「キンセイ」のスマホアプリがアップデート。サポーター利用時の電池消費量が低減

HAMOLOは、位置情報検索見守りサービス「キンセイ」のiOS/Android向けスマートフォンアプリをバージョンアップした。 キンセイは、子どもや高齢者などの見守り対象者に専用小型端末を身につけてもうらうことで、“サポーター”とすれ...