ウェアラブル

デバイス

高低差±5cmを検知する「絶対圧センサー」、オムロンがウェアラブル端末への搭載に向け量産開始

オムロンは12日、±5cmの高低差における気圧変化を正確に検知する「絶対圧センサー」の量産を開始することを発表した。 絶対圧センサーは、気圧を検知するMEMSセンサーチップと信号を処理するICチップを2.0×2.5×0.85mmという...
デバイス

東芝、ハンズフリー作業を可能にするメガネ型ウェアラブル「Wearvue TG-1」の受注開始

東芝は、工場や倉庫におけるハンズフリー作業を可能にするメガネ型ウェアラブル「Wearvue(ウェアビュー) TG-1」の受注を開始した。出荷開始は2月29日を予定。 Wearvue TG-1は、Windows端末とケーブル接続して利用...
ライフ

作品に近づくと解説動画を自動再生、メガネ型ウェアラブルとビーコンで美術館向けのデモ

1月13~15日に東京ビッグサイトで開催中の「ウェアラブルEXPO」では、メガネスーパーのメガネ型ウェアラブル「b.g.」とACCESS製ビーコン端末「ボタンビーコン」を連携させたデモが披露されている。 b.g.は、ノンシースルーディ...
ライフ

セメダイン、導電性ペーストを活用した「着るセメダイン」を開発

セメダインは、同社の導電性ペースト「SX-ECA」を活用し、LED内蔵の光る着物「着るセメダイン」を開発したことを発表した。 SX-ECAは、布や紙に塗ることで導電性を付与できる液状ペースト。高い接着性をもつうえ、硬化後も柔軟性に優れ...
デバイス

電子ペーパーディスプレイを採用、充電なしで最長8カ月使える活動量計「Withings Go」

フランスのフィットネス機器メーカーであるWithingsは、電子ペーパーディスプレイ搭載のウェアラブル活動量計「Withings Go」を、米ラスベガスにて開催された「CES 2016」で発表した。 Withings Goは、腕やベル...
デバイス

Misfitが筒型のウェアラブル活動量計「Ray」を発表、1万円台で日本発売へ

米Misfitは5日(現地時間)、洗練されたデザインを特徴とするアルミ製のウェアラブル活動量計「Misfit Ray」を発表した。日本発売は2016年前半を予定しており、予想販売価格は1万2800円(税別)。 Misfit Rayは、...
デバイス

ログバー、話した言葉を瞬時に翻訳するスティック型デバイス「ili」を発表

指輪型ウェアラブル「Ring ZERO」を製造するログバーは6日、リアルタイムで音声を翻訳してくれるスティック型デバイス「ili(イリー)」を発表した。 iliは、音声翻訳対応のコンピューターを搭載したスティック型デバイス。本体中央に...
ライフ

グンゼとNEC、着るだけで生体情報を計測できる衣料型ウェアラブルを開発

グンゼとNECは6日、姿勢や消費カロリー、心拍数を計測できる衣料型ウェアラブルシステムを開発したことを発表した。 この衣料型ウェアラブルシステムは、グンゼのニット技術で導電性繊維を加工したもので、肌着として日常的に着用できる。胸部には...
デバイス

1万円以下で買える、スマホと連携するウェアラブル活動量計5選

多種多様な製品が登場しているウェアラブル活動量計市場。機能よりも価格が気になる人のために、今回は1万円以下で買えるものをまとめてみた。紹介する5製品はいずれも、「歩数や消費カロリーを計測して専用アプリに記録」という基本機能を備える。 ...
デバイス

メガネスーパーがスマートグラス「b.g.」のプロトタイプ発表、ウェアラブルEXPOに出展

メガネスーパーは28日、ザクティと共同開発しているスマートグラス「b.g.(ビージー)」のプロトタイプを発表した。 b.g.は、両眼それぞれにノンシースルー型ディスプレイを採用したスマートグラス。Wi-Fi/Bluetooth通信機能...