Kibiro

ピックアップ

Pepperに続くのはどれ? 2016年に発売された3大コミュニケーションロボット

2015年6月に一般販売が開始されたソフトバンクロボティクス製の「Pepper」以降、コミュニケーションロボット市場がにわかに盛り上がっている。 コミュニケーションロボットとは、会話や動作で人間とコミュニケーションするロボット...
ビジネス

人工知能ロボット「Kibiro」、東京・有楽町のスターフライヤー アンテナショップに登場。北九州の観光情報を紹介

FRONTEOコミュニケーションズとスターフライヤーは、東京・有楽町にある北九州市東京事務所内のスターフライヤー アンテナショップに、人工知能搭載ロボット「Kibiro」を設置する。期間は12月2日〜28日。 Kibiroは、FRON...
デバイス

人工知能ロボット「Kibiro」に1台限定の歌舞伎バージョン。税込約136万円、新宿伊勢丹の2017年夢袋として

FRONTEOは、人工知能搭載ロボット「Kibiro」が伊勢丹新宿店の2017年新春福袋企画“夢袋”に選ばれたことを発表した。 “夢袋”向けのKibiroは、歌舞伎役者の市川染五郎監修による1台限定の歌舞伎バージョン。ユーザーの好みを...
ライフ

人工知能ロボット「Kibiro」が一般向け予約受付を開始。本体価格15万円、サービス利用料が月額5000円

FRONTEOとFRONTEOコミュニケーションズは、人工知能搭載ロボット「Kibiro」の一般消費者向け予約販売の受付を開始した。 Kibiroは、FRONTEOが開発した人工知能「KIBIT」を搭載したロボット。対話や専用アプリで...
イベント

人工知能搭載ロボット「Kibiro」が青山ブックセンターに登場。来店客の好みを解析して本をおすすめ。11月10日まで

FRONTEOコミュニケーションズは、青山ブックセンター本店およびブクログと共同で、人工知能搭載ロボット「Kibiro」を活用したイベントを開催する。期間は10月28日〜11月10日。 Kibiroは、同社の親会社であるFRONTEO...
ビジネス

人工知能ロボット「Kibiro」、キヤノンのショールームに導入。案内やクイズで来場者とコミュニケーション

キヤノンマーケティングジャパンは、東京・品川にある個人向けショールーム「キヤノンプラザS」に、UBICが開発した人工知能搭載ロボット「Kibiro」を5月7日より導入する。 コンシェルジュとして、2台のKibiroを設置。ショールーム...
ビジネス

ロボット社員が続々誕生! 今春、Pepperが“入社”した企業をまとめてみた

2014年6月に発表されたソフトバンクの人型ロボット「Pepper」。その法人向けモデルが2015年10月より提供されている「Pepper for Biz」だ。 Pepper for Bizは、受付や声かけなどビジネスに活用できる法人...
ライフ

ユーザーの好みや感覚を理解する人工知能ロボット「Kibiro」

UBIC、Rappa、ヴィストンの3社は17日、UBIC製の人工知能を搭載し、ヴィストンが設計・製造したパーソナルロボット「Kibiro(キビロ)」を開発したことを発表した。Rappaを通じ、2016年前半に法人向け、2016年後半に家庭向...
デバイス

Pepperだけじゃない、会話できるロボット8選

2015年6月に発売されたソフトバンクロボティクスのPepperは、一般家庭だけでなく、店舗や企業にも利用が広がり、コミュニケーションロボットを身近に感じさせる存在となっています。 「我が家にも、そろそろ会話するロボットを導入する時期...